横浜Android and モバイルOSプラットフォーム部第39回勉強会 #yapf

久しぶりに参加してきました。

IMG_0652[1] IMG_0653[1]

ATND
USTREAM
場所は 横浜市神奈川地区センター
togetter

最初は、@magoroku15 さん 「dragonboard 来たよ」
資料はリンク場所がUPされ次第更新します。
64bitARMのLinaroボードの話。
96boardはコネクタの場所はラズパイ、Camera等と連携しやすいように統一されている。
サポートはないが回路図が公開されているので、回路図が読める人なら自力で解析できる。
インターフェースの話はあれこれありましたが、例のごとくクセがありそうで知識がないとハマりそうだと思いました。
シールドされていますが技適もFCCもなし。
リソースはGitHubで管理。
96BoardのGitHub
メモリも1Gbyteしかない。Androidで遊ぶのは厳しいかもです。
新しいボードにこういう先行して試した情報があると、とても助かるのではないでしょうか。素晴らしい。

@eggmanさん 「bluedroidについて」
資料
Bluedroidの移植の話。
BluedroidはAndroidのBluetooth プロトコルスタックで、
内部に独自メモリ管理機能を持っているので組込みで使いやすい。
BroadcomとGoogleが開発。
eggmanさんは淡々と語っておられましたが、移植自体は、根気のいる話です。
Linuxで最小限のコードになるようにする。
gtif->bta->stackの順でコンパイラエラーを取る。HCIとドライバを接続、GKIを移植、動かしながらデバッグ。
移植はワタシも仕事でやったことがあるけど、没頭すると人間の言葉がしゃべられなくなります。きつねですが…
最後に会社のPRもされていました。

@naobsdさん 「Mr. Rockchipswamplove」
資料
資料その2
ボードの沼に引き込まれそうなnaobsdさんの発表。

@l_b__さん「Androidの新ビルドシステム」
資料
ビルドに時間がかかることを解決する新ビルドシステムを調べた話。
AOSPのマスターブランチにはkatiと呼ばれるビルドツールが導入されている。
インクリメンタルビルドの高速化。実演だと、
初回は6万ぐらいのオブジェクトを6時間ぐらいで、格別高速ではない。
今は一部を消して差分ビルド。高速。
soong はGo製のビルドツールであり、Goで書くのはクロスビルドを簡単にするため。
Go使っているのは知りませんでした。発表者もおっしゃってましたが、解析するためにも
問題が起きたときに調べるためにも、Goが読めたほうがいい。
勉強しなきゃ。
Ninja
kati

今日も、知らないことをいっぱい知りました。勉強しなきゃ。まずはGoだね。

おまけ画像。秋ですね。会場に行く時途中に通りがかった東神奈川公園にて。
IMG_0651[1]

横浜Android and モバイルOSプラットフォーム部第37回勉強会 #yapf

例によって子ぎつねを連れて参加しました。

ATND
Togetter
会場(生麦地区センター)
Ustream

@noritsunaさん
OpenCV acceleration battle:OpenCL on Firefly-RK3288(MALI-T764) vs. FPGA on ZedBoard(Zynq-7020)

のりつなさんの痔の話から始まったこの発表。きわめて衝撃的でした。
まずOpenCV for CUDAを用意。探しづらいところにあるらしい。
CUDA Gameworks
一方、アルテラとXilinxがFPGA向けのハードウェア技術言語にコンパイルするOpenCLのSDKを出している。OpenCL-to-RTLがある。
アルテラ
Xilinx
FPGAに演算させる時は、メモリに極力乗せない。メモリを介するとそれが律速するから。
FPGAはGPUの1000倍速いが、それはバスに直結しているから。
ストリーミングプログラミングに向いている。というか、マスト。
そして、、、
ぢ だけに、尻切れトンボということにならないケツ論。
OpenCLの中に、OpenCVのクラスが用意されているという。
OpenCLで、すごく便利に信号処理できる。が、
OpenCL or OpenCVは、ソースコンパチになっている。
このため、OpenCLのソースコードを保存しておかなければならない。
このあといろいろ、カオスな開発情報が飛び交いました。詳細はtogetterで。
開発情報がカオスになってしまうことは、よくあることですね。
のりつなさんはプレゼントコーナーで一台Firefly-RK3288を沼のほとりをうろつく人にプレゼント!

@naobsd さん
Mr.Rockchipswamplove
綺麗な沼()の話。
いろんなRockChip搭載ボードの紹介。いやこれ、ハマりますな。お小遣いで手が出せるので、まさに沼です。
発表中にたくさんボードの実物が出てきました。
「きれいな沼ですからみんなで浸かりましょう!」 とのこと…

@AkiraTsukamoto さん
Linaro Connect 2015 HongKong関連。資料は特にありません。
Linaro Connectは、80人ぐらいの規模だったのが、今では500人超のイベントになった。
最後のほう、ちょっと意外だったのが、ARMサーバーとかのデモもあったこと。
Project ARAのGregさんとかもいらしていて、結構広がってるなあと思ったです。
ちなみにこのイベント、毎年数人賞を取っていて、知っている人が出ていてびっくりしました。

@l_b__ さん
Androidのリカバリシステム (Androidのシステムアップデート)
資料
こちらは参考資料Lollipop change
AndroidのOTAアップデートとリカバリシステムの話。アップデートのしくみを丁寧に解説してあり、
興味深い。実はあんまりよく知らなかったので。

おまけ。
沼っていいかも。

横浜Android and モバイルOSプラットフォーム部第36回勉強会 #yapf

ET2014の後に開催されました。実に半年ぶりです。子供と一緒に参加しました。
今回の発表の大半は、新しくリリースされた、Android5.0 Lollipopに関するものでした。

案内板
ATND
togetter
場所
USTREAM

「ロリ化で進化するJCROM」 @androidsolaさん
資料

いつ聴いてもインパクトが大きい発表です。でも、技術的にとても参考になります。
この発表では、ロリ=Lollipopです。
ロリを守る、すなわちSELinuxにおける暗号化について話を伺いました。
デフォルトでファイルシステムの暗号化が有効になっています。
暗号化が有効になるまでの処理について、initのソースコードを追ったり、
無効化する方法について発表されていました。

「自作OSみたいな与太話」 @mhidakaさん
この発表はオフレコだったのですが、みなさまから、いろんな意見が出されており
活発に議論されていてよかったです。
個人的な好みとしては、GPSなども入れて使えると良いかと。

「ロリのくーだちゃんをヤる(予告編)」 @noritsunaさん
資料は公開され次第リンクします
Nexus9には、64bitのTegraK1でKeplerが載っていて、GPGPUが使える。
今回は、CUDAを使っていろいろやってみよう、というもの。
のりつなさんは現在、台湾のITRI で、Glass(Telepathy Oneとかかな)を作っている。
ITRI(工業技術研究院)では、主にハード系の研究をしている。
ジェスチャーとかで指を認識する処理で、赤外を使って手の抜出を行う。
そこからの画像処理をCUDAを使って処理をする。
OpenCLはBuggyとのこと。私は仕事ではCUDAしか触ったことがないので、知らなかったです。
これから困るじゃないかOpenCL!

「プロフェッショナル CTS入門(仮)」 @roishi2j2さん
資料
CTSは、Androidの互換性を確認するためのツール。これをpassしていない端末はAndroidではない。
制限事項として、IPv6を通すWiFiルータが必要だったりする。
テスト用の素材やソースも公開されており、家庭でも試せる。が、、
とにかく時間がかかるのと、動画や音声を再生するときに音量が
MAXに設定されてしまうのでご家庭ではおすすめできないとのこと。

波形で見るbig.LITTLE @magoroku15さん
資料
ポータブルオシロを手に入れたので、ODROID-XU-(E)で
いくつかのアプリで、電力消費量をグラフにしてコアの切り替わりを挙動をみた。
まずは60Hz画像のデコードのベンチマーク。Vsyncでピークがあることがわかる。
16.6msecの1frame毎の描画の時に、bigが動いていることがわかった。

「Lollipop platform change まとめ」 @hidenorlyさん
資料
Lollipopでどこがどれぐらいソースコードなどが変わったかを解説。
変わりすぎているので、diffでなく、git logを見たほうがよい。
気になる暗号化だが、ARMv8 で追加されたcryptoの命令も使われている。このため
高速に処理されるようになってきている。

「出版あれこれ」@kmt-tさん
「Androidの仮想マシン Dalvik編」を執筆された方です。
普段仕事をしながら本を書くのは非常に大変。
本を書くと悟りが開ける、とおっしゃっていましたが、
命が削られますよね…

「最速フォトグラファーによるロリ愛好者のためのカメラ講座」 @kassy_kz さん
資料は公開され次第リンクします
カメラまわりの進化点のひとつとして、カメラパラメータがさわれるようになった。
絞りとシャッタースピードが調整できるように、camera2のキャプチャメソッドをさわる。
camera2のcaptureメソッドはシャッター音が鳴らないので、アプリ側で必ず鳴らすこと!

今回、初めて参加される方も多く、たくさんの方が来られ、発表も盛りだくさんで
盛り上がりました。開催されればまた子供と一緒に行きたいです。

横浜Android and モバイルOSプラットフォーム部第35回勉強会 #yapf

久しぶりに開催されましたので、行ってきました。
子ぎつねは運転免許の卒検だったので、手ぎつねひとりで参加。
連休だったにも関わらず、会場は開発者20人以上の、暑い熱気であふれていました。




はい、予定ないですw
ATND
togetter
場所

@AkiraTsukamotoさん「ARM LinuxとAndroid on ARMv8の動向について(仮)」
linaroのURL
サポート
Wiki
Linaroの64ビット対応の話(会場に遅れていったので、他の話もあったかも)
今年後半に64bit Androidを出したい企業が多い。

LLVMのバックエンドのaarch64とarm64の違い

@hidenorlyさん「AOSPの64bit対応(仮)」
資料
Android Open Source Projectの64bit対応。
Dalvikは64ビット対応から取り残される。理由はなんだろう。

@androidsolaさん「SELinuxで俺のJCを守る」
資料は公開され次第リンクします。
SELinuxって動かすのが大変で、めんどくさいから切っちゃうことも多いけど、
切らずに対応するといいよ、という発表です。
かっしーという謎のサービスからチノちゃんたちJCを守るというわかりやすいたとえが
秀逸でした。

@kassy_kzさん「Android最速のフォトグラファーに、俺はなる!」
カメラ起動までが遅いのを何とかするために、GoogleNowと同じように
1アクションで起動するアプリを作った。
イヤフォンボタンのイベントも利用したバージョンも作ったが、
すでに製品があるというオチ。かっしーさん楽しいw

iPhone対抗を意識しているのか、64bit対応、セキュリティなど、
機能が盛られていくわけですが、今後スマホはどう変化していくのでしょうね。
やっぱりウェアラブルとかかなぁ…

横浜Android and モバイルOSプラットフォーム部第33回勉強会 #yapf

今日もやってまいりました。

ATND
場所
togetter
togetter

◎magoroku15さん 自動並列コンパイラをAndroidに適用してみた
 資料
 英文資料
 Androidのプラットフォームを並列化する試み。
手で並列化したという論文
低消費電力についての論文
 スマートデバイスの高性能化。
 マルチコア、twitterなどでは、ほとんどマルチで動いていない。1.2コアぐらい。
 参考 libdispatch
 OSCARコンパイラ。逐次プログラムの自動並列化。並列性の抽出。データ配置の最適化も行う。
 続きはtogetterで!

母が入院していて病院に寄らねばならないという事情により
中座しましたが、この発表、なかなか面白かったです。
性能もそうですが、電力(節電??)もなかなかに燃えます。

ETで展示するようなので、久しぶりに行こうかな。
プロフィール

手ぎつね

Author:手ぎつね
手ぎつねです。
Twitter ID: @_handyfox

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR