プログラミング生放送勉強会@超会議に行ってきた

ニコニコ超会議でプログラミング生放送勉強会(プロ生)をやるというので、行ってきました。

DSC_0167.jpg

プロ生自体は、ニコニコ超会議の2日目に開催されました。
ここで、戀塚さんの技術的な話を聞くのが私の目的でした。

前日の混雑ぶりが各所で紹介され、うわー大変だと思って始発のバスで家を出たのですが、何とか開始時刻の11時に間に合いました。

2日目の混雑ぶり
ATND
Togetter

大学生の子供は高校時代のセーラー、私は白衣で挑んだのですが、来ている人たちがほとんど普通の
エンジニアだったので、これではまるで羞恥プレイ…
DSC_0166.jpg  DSC_0164.jpg  DSC_0168.jpg

1. プロ生の紹介・ふりかえり by 5zj (@jz5さん)
 これまでのプログラミング生放送勉強会の歴史やふりかえりについて、ざっくり紹介いただきました。

2. Special Session 「ニコニコ超開発」 by 戀塚昭彦さん (@koizuka)
スライドはこちら
・ニコニコのコメントサーバー開発。コメントの取得はHTTPで行います。
 コメントを取得するAPIを紹介。 現在ドキュメント化中。

・ニコニコ動画 for Windows 8
 ニコニコサーバー、Windows8向け。NicoNikoMetro(windows8)の開発の話。 技術調査は2、3日。
 C++でDirectX使用と決定してしまった。15日までデザイン。
 20日までに実装、25日までに検証。要求機能は最低限にしぼる実機で試してみると、使いにくい
 まだデモのみ
 VisualStudioでビルド
 デモは2人だけで作った。時間がなかったから
 プログラムを書いてから動かすのに苦労した。ドキュメントが歯抜け。
 通信はこれから…

3. ニコ動アプリ開発 Sessions
・「ニコニコ開発のススメ☆」 by 鳥居みゆっきさん (@toriimiyukki)
 サンプルプログラム

・「PSPでニコニコしてみた。」 by Toxy)! さん (@_Toxy_)
 PSPプログラミング、PSP向けの非公式ソフト開発

お二方とも、高校生だそうです。本当にすごいと思います。
現代の高校生だと、LL言語を使われることが多いような気がします。

・「nicosearch/Windows 8でニコニコしてみる」 by 野村大翼さん (@daisuke_nomura)
 スライドはこちら
 ニコサーチの話。google連携。
 ニコツールの参加者を募集中。

プロ生って、本当にいいですね!楽しい!

入場待ちで日光に当たったのがいけなかったのか、
頭痛がひどく、夕方くらいに帰りました。

おまけ。ミクの痛車
DSC_0161.jpg

超会議、会場の雰囲気も良かったですね。待ち時間の混雑さえ改善されれば、また行きたいです。

第22回R勉強会@東京(#TokyoR)に行ってきました

連休初日4/28に、東京R勉強会に行ってきました。

場所はニフティ新社屋、新宿フロントタワー。
ニフティ1 ニフティ2

ATNDはこちら
第22回R勉強会@東京(#TokyoR)

Togetterはこちら

資料がまだそろっていません。
そろい次第、リンクをはっていきます。

1.自己紹介タイム
 今回参加者は76人と多め。
 会場の様子

2. パターン認識(@sleipnir002 さん)
 発表資料

 ロジスティック回帰とは。質的変数を線形に回帰するアルゴリズム。回帰分析は、
 説明される(従属)変数を説明(独立)変数の式であてはめる。
 ロジスティック回帰の課題は、入力データに対して超平面を構成するため、線形分離不可能なデータに弱い。
 非線形ロジスティック回帰。2次式で判別。
 ニューラルネットワーク。ロジスティック回帰のアドバンス版。
 パーセプトロンとロジスティック回帰の関係。

3.アソシエーション分析(@bob3bob3 さん)
 スライドはこちら
 POS,ECなどの取引データから一緒に買われやすい商品の組み合わせを探す探索的データ分析の手法。
 カテゴリ毎にグループ化する、など。
 関連性を分析するので、大量のデータさえあれば、商品だけでない分析も、いろいろできるのでは。
 今、放送大学でRの授業があるらしい。

4.Rで実験計画法中編(@ito_yan さん)
 前回のスライドはこちら
 Rでソフトウェアテスト。直交表を使う。

5.選択バイアス入門(@yokkuns さん)
 スライドはこちら

6.LT大会
 @atgさん: どっち使う?分散の式

 @fuji_fujimonさん: ガチャとマルコフ連鎖
 

 @Prunus1350: RとProcessingの連携
  ProcessingはJAVA版のBASICのような言語。RserveはJAVAとRをTCP/IPでつないで
  バッチ処理ができるパッケージ。これらを使って、

 @chiral: MKLのshogun-toolboxをRで使う
  カーネル法のカーネル関数を自動で作るMKL。
  スライドはこちら

 @shuyo: Rで音声合成やってみた

 @gepuro: らくがき!  

おみやげいただきました。ごちそうさまでした。
DSC_0159.jpg

基礎も大事ですが、データを扱うのって、結構慣れ(経験則)というか
勘どころがあるなあと思いました。
私がこれまで、画像を扱う時に、長年蓄積してきた知識を活用してきたように、
勘どころをおさえて扱えるようになれれば良いと思っています。
できれば短期間で…

PRML副読本

PRMLの副読本「パターン認識と機械学習の学習」を出版するという情報を聞きつけました。

PRML副読本「パターン認識と機械学習の学習」を出版します

黄色いビショップ本は良書だと思うのですが、独習していると、知らない間に気絶してしまっていたり
なかなか手ごわい本でした。

もとい、元ネタはPDFだというので、どこかに落ちていないか探してみました。
個人的には本よりpdfのほうがありがたいので。
githubにPRMLで検索をかけて、探すと7件ほどリポジトリが見つかりました。

pdfの文書があるのは以下の一件。ページの下のほうにpdfのリンクがあります。
https://github.com/herumi/prml

少しは理解が進むだろうか…

横浜Androidプラットフォーム部第19回勉強会

久しぶりに行ってまいりました。
年明けから、子供の受験のため、風邪を拾ってこないよう、人ごみを避けていました。
子供が大学に合格したので、早速勉強会への参加を再開。

ATNDはこちら
ATND:横浜Androidプラットフォーム部第19回勉強会

Togetterはこちら
横浜Androidプラットフォーム部第19回勉強会

この勉強会、毎回プラットフォームの濃ゆい話が満載なので、大好きなのです。
今回は、台湾の老師からおみやげまでいただきました。Pandaboardのストラップとシールです。
おみやげ

発表は以下。
@pakuqiさん
poor man's JTAG
お金をあまりかけずに、Android Kernelのデバッグを行う

@androidsolaさん
Galaxy NexusのカスタムROM作成その2
カスタムROMを作成してテーマ等を萌化したり自分好みにしてみたり…

@magoroku15 さん
めざせ最低辺
オペレーティングシステムの読み書きなどについて、みっちりお話しいただきました。

今回は大学生になったばかりの子供を誘って行きました。
いろんな種類の勉強会の中から、自分にあった勉強会に参加して、
いろんな知識をたくわえてもらえればいいかな。
本人はプログラミングとロボットが大好きですが…

@magoroku15さんのお話を聴いていて思ったのですが、
たとえばVisual Stusioなどのコンパイラでアセンブラとマップファイルをダンプして、
それを元にメモリや計算、構造の一部を説明することはできるので、ちょっと子供に教えてみようかと。
アセンブラに抵抗がないのは、プログラマにとっては、とにかく良いこと。

身近なものとしてノートPCにも使われているx86でいいのかなと
思いましたが、ARMもシンプルで良いのかな。
ARMアセンブラのチューニングは死ぬほどはまりましたから、二度とARMアセンブラの
コードは見たくありませんけどね。

簡単なCソースコードのアセンブラとMAPファイルを見るお話しは、また別な機会にブログに記載します。
プロフィール

手ぎつね

Author:手ぎつね
手ぎつねです。
Twitter ID: @_handyfox

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR