スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜Androidプラットフォーム部第21回勉強会 #yapf

毎回参加している、横浜Androidプラットフォーム部勉強会。
今回も、工業系大学の学生である子供 @himajin_2nd と一緒に行きました。
彼女、毎回、興味津々で聞いていますね。最初は難しくても、慣れてもらえばいいと思う。
歌って叩いてソフトが作れるハードウェア技術者を目指しているらしい…

ATND
Togetter
Ustream

会場は神奈川地区センター
センターのスタッフの方に、「横浜アンドレの方ですか」って言われた…

発表は以下。

@furikku_ks09 さん「Android-x86の手動インストール」
関連のブログ

Android-x86のマルチブート
Android-x86について
試した環境はExoPC
Atom N450です。Meego1.2入れている。
Boot ext3のパーティションの容量を多くとる

手動インストール
isoファイルを展開。
パーミッションを変更。
実演あり。

インテル版の携帯は、Androidタブレットを出してカバー。デスクトップを追われないようにするため。

@noritsunaさん
資料はこちら
最初は、Linux Conで話したことではなく、
「今夜決定!4天王トーナメント」
このあたりは、Togetterを追うと、なかなかカオスで良いです。

最初のスライドに戻って。
ローカルで世界最大のコミュニティ 日本アンドロイドの会
OpenCV for Android NDKものりつなさんが作った(勝手にとりこまれた)
Contentsというのは、データやSNSなど。
Auto chasing turtle
キネクトで顔認識して追跡してくれる
キネクトのRGBカメラから入力
アンドロイドのAPIに食わせるだけ
距離は1行で取れる
難しく考えないところがいいです。

もう1つ、ARを使ってトレジャーハンティング
ブラザーのエアスカウター
脳波センサーで子ロボットを動かして取る
自動学習は難しくて、自分学習なら30分くらいでできる

アイディアが出たら実証。お金や工数をかけず、大きくつくらない。
非常にいい話で、参考になりました。何より、夢があります。

むらかみ部長への献本式もありましたw

@kinnekoさん
"夏前にすぐに痩せるRAM Diet!”もしくは「老頭児組込みエンジニアの苦悩」"
予算でDRAM削られてソフト屋が四苦八苦。似てるものとしてはIS01とか、、
kernelの起動オプションでmem=でメモリ容量を制限できる。
ただ、やりすぎると普通にlow memory killerが動くので、
動作に必要なサービスすら切られてしまう

…まあハードの都合で後工程たるソフトがカバーするのは、よくある話です。
どうにもならない時は、自分ならハードの親分つかまえて、
くどいくらいにリスクを伝えて文書に残し、予防線をはります。

@noritsunaさん
デモの時間。
先ほどの、のりつなさんのデモ。
画像は、Togetterにあるので見て。
画像

…手ぎつねは、犠牲になったのだ…
というのは冗談として、重量のほとんどがバッテリー。デモなので、手早くできることが重要。
すごいと思います。

@cooseezzz さん
「オレオレブートのベンチマークとデモ」
資料はこちら

時間があったので、
@magoroku15 さんの発表。
資料はこれの、75ページ目から
この資料は、初学者や学生さんにも広く読んでもらいたいなあと思いました。

おまけ。
台湾のおみやげです。@roishi2j2さんにいただきました。
台湾のおみやげ
のりつなさんデモのロボットの写真。
ロボット

この勉強会、本当に毎回充実しています。
元気だけでなく、インスピレーションというか、ヒントもいただけます。

私は最近まで本業だった画像系を離れて、数学や機械学習の応用にシフトしていますが、
Androidや組み込みで応用できないかと、妄想していたりします。
スポンサーサイト

友情夢

CiNii 雑誌 - 月刊友情夢
CiNii

大学生だった頃、熱血教師志望の先輩が「友情・夢」という、薄い雑誌を見せてくれたが、「涙よ!誰がお前を笑えるか?!」という副タイトルを見て、涙を流してクソ笑ってしまった記憶が、なぜか今、蘇える…

今現在、どうなっているかわからないのですが、
@you_and_i さんがbingってくれたので、経過を知ることができました。

というわけで、メモ代わりに残しておこうと思います…
大学時代の記憶も結構カオスですが、とりわけこれは、とってもカオスだわ…

HP 16c 逆ポーランド記法のプログラマ電卓

Windowsパソコンのアクセサリに電卓アプリがあります。
私は仕事上、ビットを扱ったり意識することが多いので、
表示設定を「プログラマ」にしていますが、何だか使いづらい。

(年齢がばれますが)だいぶ前は、HP 16C 逆ポーランド記法の電卓を使っていて、
もしかして、似たようなものを売ってないかなあと探していました。
あの電卓、確か電池が手に入りにくくて、最後は電池切れで動かなくなってしまって、
結局どこにやったかなあ…

いろんなサイトやブログを見ましたが、やっぱり買うのは難しそう。

でも、代わりにこんなサイトをみつけました。
シミュレータです。

さっそくダウンロードして使ってみることにしました。

なかなか、良いです。じーんと来ます。
「View」を「Classic」にすると、雰囲気が本当によく出ます。

ちなみに、私のパソコンは、Win7、64ビット版です。問題なく動きます。

取扱説明書もここからダウンロードできますので、使ったことない方でも
ばっちりですよね。

でも本当は、あの電卓が欲しかったです。
胸ポケットに入れて、「えっと」と言いながら取り出してちょこちょこ計算するって
かっこいいじゃないですか。

2012/06/02 関東GPGPU勉強会 #kantogpu

錦糸町のネットエージェントさんのセミナールームで開催された、
関東GPGPU勉強会に行ってきました。
ATND
togetter

低レイヤの話!非常に楽しかったです!

加藤公一さん(@hamukazu)
 「GPGPU、この3年でどう変わったか」
 資料はこちら
・GPUの進化によってアルゴリズムが変わってくる
 例)k近傍探索をn-bodyで解く
 関連のネタ
・開発環境が劇的に変化
 コンパイラにバグ!
 今は非常に優秀

山田さん(@telmin_orca)
 「GPGPU DE いろんな問題を解いてみたりした」
 資料は公開され次第アップします。
 openCLをやっている人 
・Heterogineousが重要
・巡回セールスマン問題を解いてみた
 必ずアントコロニーで解く発表があるらしい
 モナリザを都市に見立てて高速に解く。
 単純化し、GPUで並列処理をするために、問題を分割する(画面を区切る)
 AMDは遅い、CPU:nVIDIA:AMDで2:1:3くらいか
 個人的には、CPUと比較して以外とGPUは性能が上がりません、と思いました。
・Aobenchを走らせてみた
 AMD,nVIDIAとも早い。が、分析してみるとAMDはデータ転送とカーネルの起動が遅い?

@iitakuさん
「LLVM meets GPU」
 資料はこちら
 low level VM
 去年あたりからLLVMの実装がGPU向けに入っている
 これを使っていろいろやってみた
 boost::pythonなんてあるのか

@ponkotuyさん
「GPGPUと流体計算」
 資料はこちら
 GTX680、メモリが削減されている。GK110はこれが改善されている
 1.5TFlops
 流体計算ではシミュレーション領域を矩形に区切る。並列化は簡単。
 
@w_o さん
 「SASSの読み方」
 資料はこちら
 アセンブラ出せるの、知りませんでした。

@fjnli さん
 「NVIDIA GPUのメモリモデルと仲良くなる」
 キャッシュやメモリ階層の話
 Shared Memory、Texture Memory、いろんなメモリ
 Occupancy、スレッドの同時実行性能。Compute Profilerを使うと良い。レイテンシは隠ぺいしやすい。
 Hot Clockはフェルミの後からなくなった。

@foota さん
 TopCoder/NVIDIA主催CUDAプログラミングコンテスト参加記
 CPUとGPUのどちらに処理をやらせるかの切り分けも大事なようです

以下、LT
岡本さん
関西GPGPU勉強会について

おみやげいただきました。
DSC_0237.jpg
また機会があれば、参加したいです。
プロフィール

手ぎつね

Author:手ぎつね
手ぎつねです。
Twitter ID: @_handyfox

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。