横浜Android and モバイルOSプラットフォーム部第39回勉強会 #yapf

久しぶりに参加してきました。

IMG_0652[1] IMG_0653[1]

ATND
USTREAM
場所は 横浜市神奈川地区センター
togetter

最初は、@magoroku15 さん 「dragonboard 来たよ」
資料はリンク場所がUPされ次第更新します。
64bitARMのLinaroボードの話。
96boardはコネクタの場所はラズパイ、Camera等と連携しやすいように統一されている。
サポートはないが回路図が公開されているので、回路図が読める人なら自力で解析できる。
インターフェースの話はあれこれありましたが、例のごとくクセがありそうで知識がないとハマりそうだと思いました。
シールドされていますが技適もFCCもなし。
リソースはGitHubで管理。
96BoardのGitHub
メモリも1Gbyteしかない。Androidで遊ぶのは厳しいかもです。
新しいボードにこういう先行して試した情報があると、とても助かるのではないでしょうか。素晴らしい。

@eggmanさん 「bluedroidについて」
資料
Bluedroidの移植の話。
BluedroidはAndroidのBluetooth プロトコルスタックで、
内部に独自メモリ管理機能を持っているので組込みで使いやすい。
BroadcomとGoogleが開発。
eggmanさんは淡々と語っておられましたが、移植自体は、根気のいる話です。
Linuxで最小限のコードになるようにする。
gtif->bta->stackの順でコンパイラエラーを取る。HCIとドライバを接続、GKIを移植、動かしながらデバッグ。
移植はワタシも仕事でやったことがあるけど、没頭すると人間の言葉がしゃべられなくなります。きつねですが…
最後に会社のPRもされていました。

@naobsdさん 「Mr. Rockchipswamplove」
資料
資料その2
ボードの沼に引き込まれそうなnaobsdさんの発表。

@l_b__さん「Androidの新ビルドシステム」
資料
ビルドに時間がかかることを解決する新ビルドシステムを調べた話。
AOSPのマスターブランチにはkatiと呼ばれるビルドツールが導入されている。
インクリメンタルビルドの高速化。実演だと、
初回は6万ぐらいのオブジェクトを6時間ぐらいで、格別高速ではない。
今は一部を消して差分ビルド。高速。
soong はGo製のビルドツールであり、Goで書くのはクロスビルドを簡単にするため。
Go使っているのは知りませんでした。発表者もおっしゃってましたが、解析するためにも
問題が起きたときに調べるためにも、Goが読めたほうがいい。
勉強しなきゃ。
Ninja
kati

今日も、知らないことをいっぱい知りました。勉強しなきゃ。まずはGoだね。

おまけ画像。秋ですね。会場に行く時途中に通りがかった東神奈川公園にて。
IMG_0651[1]
プロフィール

手ぎつね

Author:手ぎつね
手ぎつねです。
Twitter ID: @_handyfox

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR