スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第22回R勉強会@東京(#TokyoR)に行ってきました

連休初日4/28に、東京R勉強会に行ってきました。

場所はニフティ新社屋、新宿フロントタワー。
ニフティ1 ニフティ2

ATNDはこちら
第22回R勉強会@東京(#TokyoR)

Togetterはこちら

資料がまだそろっていません。
そろい次第、リンクをはっていきます。

1.自己紹介タイム
 今回参加者は76人と多め。
 会場の様子

2. パターン認識(@sleipnir002 さん)
 発表資料

 ロジスティック回帰とは。質的変数を線形に回帰するアルゴリズム。回帰分析は、
 説明される(従属)変数を説明(独立)変数の式であてはめる。
 ロジスティック回帰の課題は、入力データに対して超平面を構成するため、線形分離不可能なデータに弱い。
 非線形ロジスティック回帰。2次式で判別。
 ニューラルネットワーク。ロジスティック回帰のアドバンス版。
 パーセプトロンとロジスティック回帰の関係。

3.アソシエーション分析(@bob3bob3 さん)
 スライドはこちら
 POS,ECなどの取引データから一緒に買われやすい商品の組み合わせを探す探索的データ分析の手法。
 カテゴリ毎にグループ化する、など。
 関連性を分析するので、大量のデータさえあれば、商品だけでない分析も、いろいろできるのでは。
 今、放送大学でRの授業があるらしい。

4.Rで実験計画法中編(@ito_yan さん)
 前回のスライドはこちら
 Rでソフトウェアテスト。直交表を使う。

5.選択バイアス入門(@yokkuns さん)
 スライドはこちら

6.LT大会
 @atgさん: どっち使う?分散の式

 @fuji_fujimonさん: ガチャとマルコフ連鎖
 

 @Prunus1350: RとProcessingの連携
  ProcessingはJAVA版のBASICのような言語。RserveはJAVAとRをTCP/IPでつないで
  バッチ処理ができるパッケージ。これらを使って、

 @chiral: MKLのshogun-toolboxをRで使う
  カーネル法のカーネル関数を自動で作るMKL。
  スライドはこちら

 @shuyo: Rで音声合成やってみた

 @gepuro: らくがき!  

おみやげいただきました。ごちそうさまでした。
DSC_0159.jpg

基礎も大事ですが、データを扱うのって、結構慣れ(経験則)というか
勘どころがあるなあと思いました。
私がこれまで、画像を扱う時に、長年蓄積してきた知識を活用してきたように、
勘どころをおさえて扱えるようになれれば良いと思っています。
できれば短期間で…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手ぎつね

Author:手ぎつね
手ぎつねです。
Twitter ID: @_handyfox

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。