スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文をarXivに登録してみた

今回ちょっとした事情があり、ある論文をプレプリントサーバーarXivに登録しています。

(Wikipediaにも書いてありますが)、論文投稿から発行までの期間が半年以上と長く、
早めの情報共有をしたい場合に、こういったプレプリントサーバーへの登録が、役に立ちます。
arXivに登録された原稿を、参考文献の引用に使っている例も、よく見かけます。

このarXiv、物理学、数学などの分野では割とよく知られているシステムだということです。
私の周り(情報系の一部)では、arXivの存在自体知っている人が少ないようです。

ちょっとユーザー登録から論文登録までの手順をまとめておきます。
arXivのトップページの一番下からヘルプページを開き、更にヘルプページのUser Accountsの項目のリンクからユーザー登録ページにいって、必要事項を記入する。

②ユーザー登録したら、arXivから確認のメールが送られてくるので、本登録(?)をする

③ユーザー登録が済んだら、論文の登録ができる。私の場合は、pdfと、TeXをtarで固めたものを
 登録しています。サイズに制限があるので、要注意です。

④論文を登録したら、arXivから折り返しメールが来ます。世界標準時の0時にサイトが更新される際、
 投稿が反映されるとのこと。

⑤論文の登録が反映されたら、arXivから連絡のメールが来ます。

以下は、注意したほうが良い点です。

・arXivへの論文登録自体に、査読はないので(公序良俗に関するチェックはあるらしい)、
 よくある査読付きの学会やジャーナルなどへの投稿件数による研究実績にはならないと思います。

・学会に投稿した原稿の登録
 私は、ある学会の査読前にarXiv登録していいかどうかは、事前に事務局に確認することにしています。
 よくあるDouble-Blindで査読をするような学会では、Web検索で見つかるとBlindにならないので
 公平性を欠いてしまうことになるかもしれず、注意が必要かもしれません。

何はともあれ、こういうシステムは、非常にありがたいです。
学会や版元など、論文文書の扱いを仕切る組織から許可が出たら、極力利用したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手ぎつね

Author:手ぎつね
手ぎつねです。
Twitter ID: @_handyfox

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。